モリピ

1月27日 モリピ いつもの刈谷

1月27日
いつもの刈谷

名前:モリピ

【お品書き】
プレミアムハナハナ-30
ハナハナホウオウ~天翔~-30
ニューハナハナゴールド-30

27日の注目店舗という事でいつもの刈谷にやって来ました。
今回はPS全28機種103台導入の新台入替ということもあって超注目店舗となりました。
平日にも関わらず朝一からのかなりの客付きとなりました。お昼過ぎあたりには注目機種は満席状態となりかなりの盛り上がりを見せてくれました。

そして今回はハナハナコーナー!新台が台量導入の中、どこまで盛り上がりを見せてくらたのか、では早速ハナハナコーナーのデータを見ていきましょう。

プレミアムハナハナ-30

プラス台:15台中7台
勝率:47%
平均差枚数(約):716枚
合計差枚数(約):9750枚

 

今月末で打てなくなってしまうプレミアムハナハナは長年人気機種として愛されてきました。今回はその最後にふさわしい盛り上がりがあったといえるでしょう!

圧巻は678番台の約7600枚!
続いて675番台の約5000枚!

勝利は5割を切っていますが、マイナスは少ない台が多くうまく波に乗れなかったといえるでしょう。
最後にふさわしく全体ベースは非常に高く、最大持ち玉では3000枚から5000枚クラスが多数存在していて十分い期待に応えてくれたと思います。

そして次は、新台のハナハナホウオウ~天翔~-30!

ハナハナホウオウ~天翔~-30

 

プラス台:15台中8台
勝率:53%
平均差枚数(約):666枚
合計差枚数(約):10000枚

今回導入された6号機のハナハナホウオウ-30!新台ということもありかなりの稼働がありました。マイナス台も差枚数が少なく全体的にベースが高かったことが伺えます。

最高は691番台の約4100枚!

6号機でもこれだけの瞬発力があることを見せてくれました。
他にも3000枚に届きそうな台も数台あり、今後の沖スロAタイプを見ていくうえでも、この盛り上がりは今後も期待できると思います。

続いて

ニューハナハナゴールド-30

プラス台:3台中3台
勝率:100%
平均差枚数(約):466枚
合計差枚数(約):1400枚

こちらも6号機Aタイプ、勝率は100%でしたが伸びがもう少し欲しかったところです。
負けずに遊べて、波に乗れれば大量獲得できるという期待が持てるのが今後の6号機Aタイプの良さかもしれません。

その他にも今回も優秀台が多く確認出来たのでピックアップしてみました。

牙狼-黄金騎士-

プラス台:8台中9台
勝率:88%
平均差枚数(約):1950枚
合計差枚数(約):15600枚

 

続いて

押忍!番長3

プラス台:7台中4台
勝率:57%
平均差枚数(約):842枚
合計差枚数(約):5900枚

 

続いて

ANEMONE交響詩篇エウレカセブンHI-EVOLUTION

プラス台:6台中4台
勝率:67%
平均差枚数(約):1441枚
合計差枚数(約):8650枚

 

続いて

パチスロ アラジンAクラシック

プラス台:4台中2台
勝率:50%
平均差枚数(約):450枚
合計差枚数(約):1800枚

 

続いて

聖闘士星矢 冥王復活

プラス台:4台中3台
勝率:75%
平均差枚数(約):2000枚
合計差枚数(約):8000枚

 

パチスロ頭文字D

プラス台:4台中2台
勝率:50%
平均差枚数(約):1650枚
合計差枚数(約):6600枚

 

パチスロ真・北斗無双

プラス台:3台中2台
勝率:67%
平均差枚数(約):1200枚
合計差枚数(約):3600枚

 

パチスロ北斗の拳 天昇

プラス台:3台中3台
勝率:100%
平均差枚数(約):3033
合計差枚数(約):9100枚

 

新ハナビ

プラス台:3台中3台
勝率:100%
平均差枚数(約):1233
合計差枚数(約):3700枚

 

今回は大型新台入替ということもあって、各コーナーでハイレベルな出玉が見ることができ、しっかりと結果を出す機種が次から次へと現れ勢いが一日中続いていましたね!

圧巻は471番台の約9500枚!
続いて569番台の約7500枚! 641番台の約6500枚! 531番台の約6400枚!
   557番台の約5900枚! 458番台の約5000枚! 455番台の約4800枚!

と、5000枚オーバーが多数出ていて、3000枚オーバーはいたるところで出ていた状態でした。

ハナハナ以外にも高稼働機種は多く狙い目となる機種は複数存在し何処からでも狙えるこの優良店からは今後も目が離せないですね!
引き続き今後も注目していきます。

 

〇免責事項
この内容は管理人の個人的な見解によるものであり、ホール関係者とは一切の関係がありません。
当ブログを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、ユーザーご自身の責任において行って頂きますようお願い致します。

関連記事
×